※ ただし、在庫品の場合。メーカー取り寄せ品や入荷待ちなどの商品がある場合はプラス1〜数日かかる場合があります。
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
 
お知らせ
2021/01/292月より配送方法を見直します|佐川急便の代引き追加 &梱包時に小箱から出して梱包「SDGs 持続可能な開発目標」
従来、クロネコヤマトを最も多く利用して、 配送を行ってきましたが、2月1日より、 佐川急便をメインの運送会社として利用致します。
それに伴いまして、 佐川急便の代金引換(佐川急便e-コレクト)を 追加利用することになりました。

運送会社につきましては、従来通り、ショップの都合で、 利用する運送会社を決めさせていただきます。

約1年くらい前から、佐川急便を併用してきましたが、 クロネコヤマトと佐川急便では、 一部地域へのお届けが、プラス1日延びる場合がありますが、 配送品質として、大きな差はないと判断した結果です。
会員の皆様、ご利用いただくお客様におかれましては、 特段、何のご負担もおかけすることはございませんので、 今まで通り、安心してご利用いただければ幸いです。
今まで通りのご注文方法で、 お届けする運送会社が違うことがあるという理解で結構です。

次に、
梱包方法の見直しについてです。

多くのお客様の元には、弊社オリジナルサイズの段ボール箱に さまざまな商品を同梱してお送りするケースが多いのですが、 中にはサイズがうまく合わない物が混ざったり、 もうちょっとの所で全て入りきらずに、 箱を追加使用するケースがありましたが、 そうした事例を減らしたいと考えております。

背景としては、いくつかあります。
近年、人類の取り組むべきテーマとして「SDGs<持続可能な開発目標>」 への取り組みが盛んに言われています。
弊社も段ボール箱などの梱包資材をいくつか利用していますが、 これらは、最終的にはゴミとなって捨てられるものですので、 出来るだけ簡易な梱包、少ない梱包資材でお送りする方が 「SDGs<持続可能な開発目標>」的にも理に適っていますよね。

そうした資源のムダを省き、 ゴミを減らし、 その結果としてコストも削減したい と考えております。
つきましては、 すべての梱包材を外してお送りするということは 作業的に難しいのですが、冒頭で書いたような事例が発生した際に、 ショップの判断で梱包材を外してお送りするように致します。

一部例外として、 販売目的で、仕入れとしてご利用いただいている方は、 注文情報の中に、販売店名などが明記されていれば、 こちらで判断して「ばらさずに梱包する」ことも可能です。
齟齬なく進めるためには、できれば、 「販売用のため、ばらすのは不可」 などと、カートでの注文時にコメントを書いていただければ、 コメントを優先させていただきます。
(備考欄にコメントを記入いただけます)

もちろん、【業務用ケース販売】商品をご購入いただければ、 これは、ばらさずに、メーカー出荷の状態で納品いたします。

以上の2点について、2月1日から順次開始しますので、 何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

何か不具合があるようでしたら、 メールにてご連絡いただければ 対応を検討させていただきます。

アクセス : 248

【食品仕入れご担当者様・バイヤー様へ】最新の特価品情報をメールでお知らせするサービスのご案内

お知らせ一覧
 

ページトップへ